自分で体臭チェックするには?

自分の体臭というのは、自分で感じることが難しいもの。なぜなら、自分の体臭に慣れてしまっているからで、もし、体臭が酷くても違和感を感じることができないからです。

 

では、どうすれば、自分の体臭をチェックできるの?

 

本当は家族や仲の良い友達などに、正直な感想を聞かせてもらうのが一番ですね。抵抗があるかもしれませんが、この方法が自分で確認するよりも、よっぽど信用性が高いと思います。しかし、それができない場合は、自分で確認するしかありませんよね?

 

その方法を今回はご紹介します。

 

自分で体臭をチェックできる代表的な3つの方法

  • お風呂に入った後に衣服の臭いを確認する
  • ビニール袋を使う
  • ワキ汗の臭いを確認する

 

お風呂に入った後に衣服の臭いを確認する

自分の体臭をチェックするのに有効な方法の一つに、お風呂を利用した後に自分の衣服の臭いを
確認するというもの。

 

入浴の前では自分の臭いに慣れているので、どのくらい体臭が酷いのか判断できないのですが、入浴後では
自分が清潔な状態になり、浴室の水蒸気の影響で嗅覚がリセットされるので、自分の衣服の臭いが
ハッキリと分かりますよ。

 

そして、この時に意識して臭いを嗅いでもらいたい箇所が脇(ワキ)なんです。
脇から悪臭がする場合には、ワキガの可能性があるから。

 

また、ワキガの人は、衣服の脇の部分が黄色くなりますから、合わせて確認してみましょうね。

 

ビニール袋を使う

この方法は、1日着用した下着を使いってニオイを判別します。
下着をビニール袋の中に入れて、しばらく経ってから臭いを確認するというものです。
そこで、強烈な悪臭がする場合であれば、体臭がクサイということになります。

 

ワキ汗の臭いを確認する

これは、ワキ汗をティッシュやタオルなどで拭きます。その拭いた物の臭いを確認するという方法です。
悪臭がする場合は、自分でもすぐに分かると思います。

 

ここまで自分でできる体臭チェック法を紹介しましたが、あなたは大丈夫でしたか?

 

体臭を改善するには、一時しのぎの対策をしたとしても、根本的な原因が改善されないことには、本当の解決にならないです。

 

ニオイの原因を簡単に特定するのは大変難しいのですが、体質や生活習慣が影響していることは間違いありません。

 

体臭が出る原因は、大きく分けて6つあります。
・汗によるもの
・加齢臭によるもの
・ワキガによるもの
・ストレスによるもの
・腸内環境によるもの
・病気によるもの

6つの原因別による体臭対策について

汗・加齢臭・ワキガによる体臭の場合

 

汗をかいたらこまめに着替えて汗の処理を行うことがポイント。また、殺菌効果の高い石鹸などで細菌の繁殖を防ぐようにする事によって、汗のにおいや軽度のわきがであれば十分に対策が可能です。

 

体臭や加齢臭対策で有名な石鹸・ボディーソープ

>> ローズ・ボディリフレッシュ

バラの香りが気持ちいい爽快感が評判の防臭ボディーソープです。
一般的なボディーソープと違って殺菌効果(医薬部外品)があるのが特徴。
ニオイの元である汗や悪玉菌をしっかり洗浄してくれます。

 

>> 柿渋エキス配合石けん「珠玉の泡」
珠玉の泡の特徴は、女性の肌ににやさしい成分が配合されていること。
お肌にハリやツヤを与えてくれますし、肌トラブルの予防も期待できるんです。
もちろん、体臭に有効な成分もちゃんと配合されていますよ。

 

ただし、根本的にわきがを治すには手術しかありません。

 


最近では、メスは一切使わない、傷の残らない最新のわきが治療方法も確立されているようです。
ミラドライ わきが 多汗症治療の詳細はこちらから

 

 

わきの臭いが気になるなら、下記の2つは予防に最適です。

 

>> わきの臭いの予防に!!【ラポマイン】

 

>> ワキガ予防に使えるデオドラントジェル「海露(UMITSUYU)」

 

 

加齢臭も完全に予防することは難しいと思ってください。
加齢が原因ですので、年を重ねるにつれ、どうしても臭い物質が発生してしまうからです。
しかし、臭いを和らげたり、発生時期を遅らせることは可能です。

 

加齢臭予防には、以下のようなことが有効です。

  • 有酸素運動
  • 体をよく洗う
  • 過度なアルコール摂取を控える

有酸素運動を行って軽く汗をかくことによって、加齢臭を予防することができます。
(ウォーキングやジョギングなどは、長時間続けることができるのでオススメ)

 

きちんと体を洗わないと臭いがどんどん強くなっていくので、毎日よく洗って清潔な状態にしておくことが大切。
上記で紹介した殺菌効果の高い石鹸などを使用するとさらに効果が高いでしょう。

 

過度なアルコールの摂取は加齢臭を強めてしまうので、お酒が好きな人は適量に抑えるように注意してください。

 

ストレスによる体臭の場合

ストレスを感じたら、早い段階で解消するように心がけましょう。
甘い物を食べたり、カルシウムを摂ったりするなど、飲食物を意識して変えるだけでも少し楽になります。

 

休日には運動をしたり趣味に没頭することなども、ストレス解消に良いと思います。
現代社会では日々の生活から完全にストレスをなくすのは難しいですが、少しでもストレスを軽減させる工夫が体臭対策に繋がるでしょう。

 

腸内環境による体臭の場合

腸内環境を整えるためのには、納豆・豆腐・味噌などといった大豆食品や発酵食品が多く含まれている食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

 

食物繊維を摂取して腸内環境を整えることもデトックスに繋がりますので、ひじき、りんご、キャベツ、とうもろこしなどといった食べ物も摂取するものおすすです。

 

他には体の中から臭いを防止させるサプリメントなどを利用するのもいいでしょう。

 

特に、パクチーや柿渋、茶カテキン、シャンピニオン、ローズ、鉄クロロフィルなどの成分が含まれているサプリは、体臭を消すのに有効だとされています。

 

このような成分には、消臭・抗菌の作用が備わっているので、高い効果が期待できます。

 

ここでは話題の体臭サプリを紹介します
>> デオドラント不要!パクチーエナジー
パクチーエナジーゴールドは、抗酸化力がきわめて高いデットクスハーブ(沖縄産のパクチー)を主原料とした
臭い対策サプリメント。天然原料100%のパクチーなので安心して摂取できます。

 

>> ジュエリーローズ
ほんのりとバラの香りが漂うサプリメント

 

上記のようなサプリメントなら、身体の内側から体臭を改善してくれるので、根本的なニオイ解消を目指せます。
即効的な効果は難しいかもしれませんが、持ち歩きも便利ですし毎日続けやすいのが特徴です。

 

病気による体臭の場合

病気からきている体臭の場合、病気を治療しないと体臭を改善することが困難です。
病気によって様々な体臭が発生しますので、普段とニオイが違う、変わったと感じた場合は病気の可能性も考えてください。

 

特に体臭が酷い場合は、万が一のことを考え、一度病院で検査を受けてみることをおすすめします。

 

体臭6つの原因と発生する仕組み

汗による原因について

汗自体は基本的にニオイが無く無臭なのですが、雑菌が発生することにより悪臭を放ちます。それが体臭の原因になります。
汗をかいて体を洗わないままだと、皮脂や汗によって体臭が発生しますし、細菌と混じり合ってもニオイが発生します。

 

加齢臭による原因について

加齢臭は、中高年になると発生する体臭で、ノネナールという物質が大きく関係していることがわかっています。
もし、40代になってから体臭がしてきたという場合は、加齢臭だと思っていいかもしれません。ただし、40代になる前でも加齢臭が発生してしまうケースがあります。

 

男性の場合だと生活習慣の乱れや食生活の偏り、過度なストレスなどによって、40代より前に加齢臭が出てしまうことが多いようです。

 

ワキガによる原因について

ワキガは、アポクリン腺から発生する汗が原因です。
わきの下には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺が存在していて、アポクリン汗腺からは、アンモニアやタンパク質など粘り気のある分泌物が出ています。
この分泌物の成分が雑菌と混ざる事によって、わきが独特の強烈なにおいを発生させているのです。

 

ストレスによる原因について

ストレスを過剰に受けると、男性ホルモン、副腎皮質ホルモン、アドレナリンなどといったホルモンを大量に放出させてしまい、皮脂腺からの皮脂の分泌をさかんにします。
また、過度のストレスは、汗の量が増加するので、結果的に体臭を生んでしまうことに。

 

腸内環境による原因について

腸内環境が悪いと悪玉菌が増加して悪臭の強い物質を発生させます。
腸内には善玉菌と悪玉菌が存在していますが、両者のバランスが取れている状態なら問題ありませんが、悪玉菌が優位になると腸の健康状態を悪化させてしまうことに。

 

この悪玉菌が食べ物を腐敗させ、アンモニアや硫化水素、スカトールなどといったニオイ物質を発生させているのです。
これらニオイ物質が血液にのって体内を巡って放出されるので、体臭、口臭、便臭、クサイおならなどの原因になるんです。

 

病気による原因について

一般的な体臭の範囲を超えて強烈な異臭がある場合、病気が原因の体臭の可能性があります。また、これまでは体臭など無かったのに、急にニオイがしはじめたという場合も注意が必要です。
それは体内で何らかの大きな変化があった兆しなのかもしれません。

 

例をあげると、糖尿病の人は甘い体臭がします。肝機能障害の場合、アンモニア臭を含んだ体臭がすると言われていますし、甲状腺の病気や内臓の疾患などがあると、特殊な体臭がすることがあります。

 

また、歯周病や歯槽膿漏だと口臭がきつくなり、脂漏性皮膚炎の人は頭が臭くなりやすいです。
他にも水虫の人は、足がとても臭くなります。